FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動の結婚式

先日、9/18にお手伝いしたお客様のお話。

式の前日に新婦さんから
「お父さんとお母さんが来ないって言ってるんです」と
連絡が入りました。
私は動揺しましたが、新婦さんの落ち着いた様子から
あまり理由を聞かずに、その場は終わりました。

式当日。
お父さんもお母さんも無事参加。
そして、結婚式も順調に行なわれました。

おどろきは新婦の手紙の場面で起こりました。
「私にとって結婚式はドキドキワクワクばかりではありませんでした。
 "家族とは何か?"と向き合う、苦しい経験もありました。
 実は式の前々日にお父さんが結婚式に参加しないと
 言い出しました。それは私が父を本当のお父さんだと
 思っていないからという理由からでした。
 お父さんと初めて出会ったのは私が小学校5年生の時。
 悲しむお母さんの顔が見たくなかったので
 笑顔で"お父さん"と言って握手をしたのをよく覚えています。
 それから、時には反発したり、いい娘を演じたり…
 海外留学など、すぐに家をでて行ったので
 あまり接点がないまま、しっかりと向き合えないままにに今まできました。
 私はお父さんが嫌いで反発したり、受け入れないわけではなく
 お母さんと同じように思えない、自分の心の小ささが嫌だったんです。
 お父さんと初めて2人で行った居酒屋では
 お母さんも知らないような話をしてくれましたね。
 1人の人としてとても大事な人だと思っています。
 ただ、お母さんと同じようには思えません。
 私はこの気持ちを隠したり、うそをついて
 付き合っていきたいとは思っていません。
 1人の人として、大事な人として、これからも
 向き合っていきたいと思っています。
 よろしくお願いします。」
 
まったく、予想していない展開にびっくりしました。
ただ、その後の新郎のお父様のあいさつで
「とても素直な心を持っている素敵な女性と
 結婚できて、うちの息子は幸せです」とおっしゃり。

ストレートな素直な気持ちは、人の心を動かすと
感じさせてもらう、とても素敵な結婚式でした。

最近「決まりきった結婚式」がもったいないと感じます。
お色直しは1回やって、キャンドルサービスをして
プロフィールDVDを流して…って。
それでどれだけ、ゲストに気持ちが伝わったのか…と。

結婚式は感謝を伝える場。
本当の気持ちを伝る場だと思うんですよね。

その意味で今回このご家族、お二人の結婚式のお手伝いが
できたことを嬉しく思います。
ありがとうございました。
 


スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。